banner2.gif
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

高橋系吾 「その一言」

その一言で、励まされ  その一言で、夢を持ち
その一言で、腹が立ち  その一言で、がっかりし
その一言で、泣かされる

ほんのわずかな 一言が
不思議に大きな 力持つ
ほんのちょっとの一言で

2013年05月13日

私学の環境



保護者会、役員会etc.
学校関係の行事や集まりに参加し、少しずつ中の様子が見えてきました


偏差値の高い学校というのは、やはり色々な面で違いがあります
その中で、今、一番感じていること


『 意識の高さ 』


です。
先生方も、生徒たちも、そしてOBの方々も保護者も。


「自分たちが将来の日本を背負っていく立場になるのだという意識を持ちましょう」


ほんの2ヶ月の間ですが、何度か聞いた言葉です
内部に向けての集まりでしか言われないことばなのだそうです

むすこに聞いてみると、やはり同じように何度となく聞いているのだとか

なるほど。
日々こういう話を聞かされて過ごす環境の中に居れば
おのずと将来の道筋、選択等も違ってきますよね
OBの方々の話なども、教授、社長、研究者、医師等々という立場から、今後どうあって欲しいか
そのためにはどのように今を過ごすべきか、という話がされます

話の内容もさることながら、OBの方々の肩書などを耳にしながら
それが実際の自分たちの今後の進路につながっていくわけです

環境の大切さというものをあらためて実感させられます




もちろんそんな中であっても、生徒たちのやることはどこも同じです
授業を受けて、部活動に励む
むすこも今は新しく入った部活動に夢中です

楽しそうに話す内容から、先輩のすごさも伝わってきます
中高一緒の部活なので、上級生といえば高校生も多く、そのレベルの高さには感心させられます





中学受験も賛否両論、受験など眼中に無い方々にとっては非難の対象とされることも多いとは思いますが
それだけの価値はやはりある、と断言できます。
受験を経験していない人と、受験を勝ち抜いてきた人との間にはやはり大きな差がある、というお話も聞きました
地道に1つのことに時間をかけて取り組み、成果を上げる
やり過ぎはいけませんが、やはり良い経験となっていくのでしょうね










 
posted by とも at 00:53| Comment(0) | 中学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

入学1週間を過ぎ



中学校に入学して1週間が過ぎました
毎日、部活の体験入部へ奔走しながら楽しくやっているようです
文化部と運動部を掛け持ちする生徒が多い学校だそうなので
むすこも2つの部活を視野にいれつつ選定に入っているようです

やる気満々です

誰もが必死に塾で勉強漬けになって合格した学校ですが
やはり中には入学を喜んでいない生徒もいるようです。
「無理矢理受けさせられた」
と言っているむすこの友人は
驚くほど反抗的な態度を先生に対して取っているようです・・

反抗期真っ盛りなのも理由の1つではあるのでしょうが・・
せっかく入学しても、子ども自身がこのような状態では、
中学生活が楽しいはずもありませんよね

受験を子ども自身が多少なりとも望んでいるかどうか、ということは大変重要です

むすこの場合は、6年生のときにいろいろと学校生活で上手くいかないことがあったため
公立の中学校へは行きたくない、という本人の固い意志がありました。
この思いが最後の頑張りにつながったとも言えるのでしょうが^^;

「(お友だちのように)あまり反抗的な態度は取らないでね」と言うと
「公立へは絶対に行きたくないから、絶対にせぇへん!」と言っています

お世辞にも大人しいとは言い難いやんちゃ系のむすこですが
本人がそう思っているのなら大丈夫かな?^^;




部活動に関しては、以前から「中学校へ入ったら運動部に入って楽しむように!」と
折に触れて話してきました。
思春期の有り余るエネルギーを、出来るだけ健全な形で消化して欲しいものです
そして体力と根性を身に付ける!

まずは受験で落ちてしまった体力をつけることを最優先に考えているので
勉強に関しては
中間テストで100位以内を目指すように、と言ってありますが、どうなることやら^^;





春休み中の宿題に対するテストも実施されました。
出だしは好調のようです。
次は来月末の中間テストですネ

今のところ通塾の予定はありません。
出来る限り家庭学習で対応していきたいと考えています
対応しきれなくなったときには、むすこと話し合って決める予定です。
どこまでいけるかな^^;

授業料・部活にかかる諸費用(これが予想外に大きそうです)
合宿費などの大きめの出費などなど
かかる費用はこれからもますます増えていきます
これから10年は親としては頑張りどころですね^^;







 
posted by とも at 16:58| Comment(0) | 中学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

入試直前に役に立ったことE 持ち物は万全に


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ中学受験ブログが盛りだくさんです。
とても参考になりますよv(*’-^*)-☆⇒GO!





何を今さら・・・
と思うかもしれませんが
実際に試験会場に到着してみると、忘れ物をしている子が何人も見受けられます。


むすこが一番最初に受験した学校では
実際の試験の中で、コンパスを使った作図の問題が出題されました。


もちろん、受験票には事前に持ち物の中に「定規・コンパス」などが記載されていました。
にも関わらず、コンパスを持参していなかった子が、かなりの数いました。

さいわい、塾側で、
どんな忘れ物があったとしても貸すことが出来るように準備されていたため
その子達は事なきを得ました。
その時は、コンパス忘れの子はむすこと同じ塾の子だけでも10人は超えていました。


持ち物に記載されているにも関わらず
定規やコンパスを使用する問題など出題されないだろうという先入観があるようです。
むすこも、実は、事前準備をしているときに
「コンパスなんて絶対使わないからいらない!」と言い張っていました
それでも、受験票に記載されている物は持っていくように!と説得をして持たせました。
結果は・・・・作図問題出題。


塾側が用意していたのなら問題ないじゃないか、と思われるかもしれませんが
「忘れた!」
と思って焦る子供の気持ちを想像してみて下さい。

ただでさえ緊張しているのですから、気持ちを乱すような状況は1つでも減らしてあげたいものです。
気の弱い子なら、この動揺が原因で力を発揮できなくなることもあるでしょう。


試験が何度か行われ、慣れてきた頃も要注意です。
◆定規・コンパスなどの筆記道具
◆上靴
◆時計

この辺りの忘れ物が多いようです。
塾側は慣れたもので、これらの上靴・時計に至るまで全て
忘れた子に貸し出せるよう用意していました。


もし、塾に所属していないお子さんの場合は、特に念入りに準備をしてください。
忘れ物をしているお子さんは想像以上に多いです^^;



そして、もう1つ。
受験票

実は初日の試験の時に、受験票が無い!と騒ぎになっていた子が居ました。
大切な受験票を無くしてはいけない、という配慮だったのでしょうが
付き添ってきたお母さんが受験票を預かっていたのだそうです。
そして、集合場所では知人とおしゃべりしている間に忘れてしまったのでしょうね
受験票を持ったまま、帰ってしまったのです。

この子の動揺を考えると本当に気の毒になります。

塾の先生が開始時間ぎりぎりまで、
お母さんに連絡をつけようとバタバタと走り回っていました




入試当日の動揺を誘うような要因は出来るだけ排除してあげたいものです。
持ち物チェックは入念に!




出来れば、忘れ物をしてしまった時の対応の仕方も、お子さんに話しておくと良いですね
恥ずかしくてなかなか言い出せない、という子も少なからずいるはずです。
そうこうしている間に時間がなくなってしまいますから^^;
◆塾の先生にすぐに知らせる
◆試験会場の先生にすぐに知らせる
◆携帯を持っているならば、すぐに電話で知らせる
などなど。











にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ励みになります。クリックしていただいた方ありがとうございますひらめき

banner_04.gif
←よかったらクリックしてねひらめき
posted by とも at 20:00| Comment(0) | 入試直前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

入試直前に役に立ったことD 睡眠時間


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ中学受験ブログが盛りだくさんです。
とても参考になりますよv(*’-^*)-☆⇒GO!





試験当日は、移動時間等を考えると
通常よりも早起きをしなければならなくなります。

もちろん理想は、試験時間の2時間前には起床する生活リズムをつけておくこと。

ただ、現実問題として、なかなかそうはいきませんよね。


けれども、試験当日はしっかりとした睡眠時間を確保したい。
で、実際に我が家で試したのが
「早寝する」ではなく、「早起きをさせる」
毎日ではなく、試験の前日からでした。

できれば3日くらい前から始めた方が良いかもしれません。

でも、むすこの場合は、
■前日に早起きをさせる
結果的には、これで十分でした。


通常は6時15分に起床していましたが、前日は5時半に起床。
そして、そのまま顔を洗って散歩に出かけました。
朝の空気は気持ちよかったです♪

早起きをしてさらにきちんと起きるための散歩です。
寝ぼけていては意味がありませんから^^;
そして、適度な運動。

この2点によって、その日の夜はいつもよりも早く眠くなります。

試験前ともなると、緊張でなかなか寝付かれなかったりもしますが、
早起きと適度な運動による疲労で、自然と早く眠くなるようにしむけるわけです。

むすこはこれによって、試験前日は20時半くらいには寝ていました。




いきなり「早寝をする」ことは難しいですが、「早起きをさせる」→「早寝をする」
という手順を踏めば、きちんと睡眠時間を確保することが出来ます。




試験が始まると、子どもたちの緊張感も高まってぐっすりと眠ることが難しくなります
連日行われる試験で、肉体的・精神的疲労がたまってしまいます
目の下にクマを作りながら試験を受けていた子も見られました


ぜひお試しあれ。













にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ励みになります。クリックしていただいた方ありがとうございますひらめき

banner_04.gif
←よかったらクリックしてねひらめき
posted by とも at 09:07| Comment(0) | 入試直前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

入試直前に役に立ったことC 質問マニア



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ中学受験ブログが盛りだくさんです。
とても参考になりますよv(*’-^*)-☆⇒GO!






これも後日、むすこから聞いたことですが、
むすこは塾の講師が引くほどの  『 質問マニア 』  だったようです^^;

常日頃から言い聞かせていたことは
◆塾の先生に、分からないことは全て質問すること
◆塾は学校と違って、勉強を教えてもらうために費用を支払っているのだから、最大限活用すること
◆質問しないことは損であること


とにかく、分からなければ質問は必ずするように何年も言い聞かせてきました
この辺りは本人の性格によるところが大きいと思いますので、
誰にでも出来ることではないとは思いますが、
何度も言い聞かせることによって、塾で質問をするのは自然なことであるという認識を、
子どもに植え付けておくのは大切だと思っています。


志望校別コースの問題は特に難易度が高いので、
初見ではすべての問題を解くことは出来ません。
特にむすこのレベルでは^^;
塾で行われたテスト・模擬では、
第一志望校で合格判定をもらったことはありませんでしたから。


むすこは授業でわからなかった問題、
宿題の問題でわからない問題を全て自習時間に質問していたようです。
全て。
全問題質問したこともあったのだとか^^;


なので、むすこが質問に行くと、
先生が「また来たっ!」という感じで一瞬怯えるのだそうです(笑)
受験直前ともなると、質問受け時間には行列が出来るそうです
むすこの質問が長いのは周知の事実。

さすがに後半ではむすこ自ら質問時間は控えめにして、
違う時間を狙って質問するようにしていたようです。
補習に行った日とか・・・。
補習は塾の授業の無い日に行われていましたから、人が少ないのですね








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ励みになります。クリックしていただいた方ありがとうございますひらめき

banner_04.gif
←よかったらクリックしてねひらめき


 
posted by とも at 23:05| Comment(0) | 入試直前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。