banner2.gif
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

高橋系吾 「その一言」

その一言で、励まされ  その一言で、夢を持ち
その一言で、腹が立ち  その一言で、がっかりし
その一言で、泣かされる

ほんのわずかな 一言が
不思議に大きな 力持つ
ほんのちょっとの一言で

2013年01月29日

合格後のようす



連日ごきげんで、ときにニヤニヤ笑いながら
「やったなぁ〜わーい(嬉しい顔)
とつぶやいているむすこ。

このような顔が見られて本当に良かったです。

でも合格することが最終目標ではありません。
この先、学校の授業についていけるようにスタートを切ることも重要です。
むすこの進学先は、基本的に自由。
制服もなく、規則もさほどうるさくはありません。
宿題も多くはありません。
この学校の併願校としてよく選ばれているN校、S校などは、非常に宿題が多いことで有名です。
春休みにもがっつりと宿題が出ます。


3月半ば過ぎの説明会までの間に提出するよう言われた宿題は、読書のみ。
やはり自力学習は欠かせません。


まずは、最初のテストで悪い点数を取らないようにすることが大切だということは、今まで本人に何度も話して聞かせていることです。

遊ぶ時間を確保しつつ、数学と英語のみ少しずつ手を付けていくことにしました。

教材はこちら。

この問題集をむすこが自力で読み進みながらやっています。
練習問題が少ないため、こちらも活用しています。



英語に関しては、おそらく基礎の基礎はさ〜〜っと流されてしまうはずだろうと予測して、基礎中の基礎を中心に、単語や簡単なフレーズを覚える作業をしています。
もちろんCD付き。

CDを何度も聴きながら、書き取りをしながら、少しずつ進めています。


5年生までは英会話を習っていたむすこ。
しかし、そこではほとんど書き取りや文法を覚えることがなかったため
まずは単語のスペルを覚えて、書いていくことを中心にしています。
1年英語から離れると、ほぼ忘れていると思って間違いないようです。

最初は四苦八苦していましたが、1週間経った今、かなり慣れてきたように見えます。

むすこも、「やっておかないとまずいだろう」と思っているようで
自分でテキストを出してやり始めたりしている姿も、ちょこちょこ見られます。

学校は違いますが、近郊の私学へ進学した知人の話では
・英語が早くてとにかくついていくのが難しい
・数学は、受験のやり方とまったく違うため、慣れるのに苦労している
とのこと。
その子は英語に関してはかなり会話ができる子だったのですが、
やはりついていくのに必死なのだそうです。


当分の間は、英語と数学を少しずつやりながらの学習を続けていきます。
それとノートの活用が出来ないむすこのために、
ノートの使い方を具体的に教えています。
『あとで見直して役立つノート』が書けるように、というのが目標です。

とにかく詰め詰めで書いていくむすこ。
最初は、「こんなに空けたらもったいない〜」とか言っていましたが
余白の大切さ、というのも少しずつ理解し始めてきているようです。









 
posted by とも at 01:01| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

閑話休題



ちょっと閑話休題。受験終了後のはなし。

私は自分自身、すぐ飽きてしまうという難点はありますが、口うるさく、なかなかの教育ママだと思っていました。
ついついうるさく口を挟んでしまうのですあせあせ(飛び散る汗)


ところが、むすこにとっては、私は教育ママでは無いのだそうです。
『教育ママ』という言葉に対する認識にギャップがあるのでしょうね。
では、むすこにとっての『教育ママ』とはどんな母親なのでしょう。
本人に聞いてみました。


当然、基準は毎日毎日見ている同じ塾生の母親達。
かな〜〜り厳しいようです(;´Д`)

毎日の塾の帰宅の際、私は塾近くの路上に車を停めているため、車から離れずに、むすこがそこまで歩いてきます。
他の塾生たちは、お迎え組は父母両方で迎えに来て、父は車に、母は塾の玄関前までお迎え、という方も、結構います。
(毎日二人揃ってお迎えってすごくないですか?w)
終了時間が22時半を回っているので、そのせいもあるのでしょうが・・・
駅まで集団で移動して電車で帰宅する塾生も多くいます。


むすこが見かける塾生の母親というのは、
毎日塾の玄関前まで迎えに来る母たちのことです。


子供たちに会うと、開口一番、復習テストの点数を確認する。
そして、むすこにとってみれば十分に良い点数であるにもかかわらず、
満点を狙いなさい、と叱責が飛ぶ。
その場で頭をしばかれる・・・
等々の光景が見られるのだそうです。


かたや、私は復習テストの点数もロクに確認しません(;´Д`)
この点ですでに、私は『教育ママ』というジャンルから外れてしまっているようなのです。


なるほど・・・


さすがに塾自体もなかなかに厳しいところではありますが、
そこへ通わせる親の方も、かなり熱心であるようです。
塾の厳しさといえば・・・12月に入ってからは塾に行かない日はありませんでした。
まぁ、むすこが授業の無い日に補習を受けていたせいもあるのですがあせあせ(飛び散る汗)
それでも、平日・休日問わず毎日塾へ行っている、と言うと、小学校の親たちからはすごく驚かれます。
けれども、むすこが第一志望校に合格できたのは、
この塾での補習によるところが非常に大きいです。
この辺りに関しては、長くなるのでまた後日^^;


というわけで、むすこの認める『教育ママ』という実態が、何となく見えてきましたw
上には上が居るものですね(;´▽`A``








 
posted by とも at 23:07| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

入試準備



いつもたくさんのアクセスありがとうございます♪
ほとんど放置状態で申し訳ありませんあせあせ(飛び散る汗)


関西地方の統一入試日は1/19(土)です。
あと1ヶ月強で入試本番を迎えます。

写真を用意したり
受験費用を入金したり
来週には願書提出をしたり
当日のスケジュールの確認をしたり

雑事に追われる日々ですあせあせ(飛び散る汗)


そんな中、受験生のためのちょっとしたサービスなどに触れると、
少し嬉しかったりします
写真は普通にカメラ屋さんで簡単に撮ってもらったのですが、
『合格祈願』シールなるものをもらいました。
受験票の写真を貼る欄に『合格祈願』シールを貼って、
その上に写真を貼るのです。
オモシロいですね♪

受験費用を振込に銀行窓口に行ったら、「神社にて祈願したものです」と
合格祈願鉛筆をいただきました。


初詣には行けるかどうかわからないので・・・
というか行っている場合ではありませんよね^^;
なので郵送で行われている春日大社の形代のお祓いを今年は申し込む予定です。
年越大祓式神事(としこしのおおはらえしきしんじ)にて形代のお祓いをしてもらえます。
一度春日大社で祈祷をお願いしたことがあり、その後は毎年送られてきます。
直接受験とは関係ありませんが、穢れは落としておきたいので。


きっといろいろな場所でいろいろなサービスが行われているのでしょうね。


去年は、受験の見学に行ったのですが
同じ電車に乗り合わせた受験生は、チョコレートのキットカットを持っていました^^
(きっと勝つ、ってやつですねw)
験担ぎも大切かな。

インフルエンザの予防接種も終わったので、あとは当日まで体調管理に気を付け
睡眠不足になりがちな毎日の中、どうやって睡眠時間と学習の折り合いを付けていくか
頭を悩ませるくらいかな。

まぁ、勉強については頭の痛いことだらけですが^^;
毎日ストレスと雑事と弱点補強と宿題との戦いですたらーっ(汗)






 
posted by とも at 18:17| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

ダウン


別ブログの方にも書きましたが
今日は朝からむすこがダウンたらーっ(汗)
「気持ち悪い」「吐きそう」
顔色は真っ白。


ん〜私の見立てとしては・・・完全な寝不足っぽいです
睡眠時間は10時半〜6時15分。ほぼ変わりないです。
暑さで疲れがうまく取れていないのかな
朝起こした時に、全然目が開かないのです。
幸い、今日は自習が中心の曜日。
授業は15時〜21時。9時〜15時までは自習時間。

結局、自習時間を全てお休みして、午前中いっぱい睡眠時間にあてました。
昼前に起きてきたむすこ。シャワーを浴びてひと言。
「一晩寝て爽やかな朝を迎えた気分!」


そうですか^^;
やっぱりただの寝不足ですね。
私も夏になってから寝不足が続いた時には、気持ち悪さと吐き気とがあったので同じ症状だったようです。

思った以上に夏バテというのも影響するようです。
体力が落ちているのかな?
疲労回復のためのビタミンが足りていないのかもしれませんね^^;



今回はたまたまタイミングよく自習の日に当たりましたが
8月後半も気を付けないといけませんね・・・。
あと運動会の練習が始まる9月は要注意。なんとか無事に乗り切りたいものです^^;





  
posted by とも at 17:48| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

問題山盛り


小学校高学年にもなると、
子ども達はあの手この手でごまかす『ずるさ』を身に付ける歳ごろです。
発達の段階だと分かっていても、これほどやっかいなものはありません。

◆通常授業(国算理社)
◆夏期講習(国算理社)
◆志望校別特訓(国算理社)
それぞれに復習テスト・強化テストなど複数テストが実施され
自習時間にも2種類のテストが行われます。

そのすべてに対してテストについては「テスト直し」が、授業については「宿題」が発生します。
授業の時間内に自習時間が設定されていて、その時間に宿題を終わらせる教科もあります。
これら全ての宿題のチェック・宿題のやり直しのチェック・テストの間違え直しのチェック等をしなければいけません。
全教科分。

これが一筋縄ではいきません。
なんとか「終わったことにしたい」むすこ。
「○○と○○はやったの?」
「やったやった」
この調子の良い返事が曲者。当日になって
「やってない宿題があった!!!」
とバタバタすること数日。ダメだこれは・・・▄█▀█●

「○○と○○はやったの?」
「やったやった」
「見せて!」
「・・・」
その後、探しているふりをしながらスルーすること数回。
「見せてって言ったものを出しなさい」
案の定、終わっていません。
宿題のやり直しをしなさい、と言えば、間違えたところのみのやり直しで済まそうとする
等々細かく上げればきりがありません。
敢えて見せないということは、確信犯です。


しかも、特訓と称して主人とやっている算数の課題。
宿題が最優先だと何度も言っているにもかかわらず、宿題が終わっていないのに限られた時間をひたすら主人との特訓に費やしていたことが判明。
その週の宿題はもちろん不十分。

もう夏です。今不十分だった単元を「後でやり直す」時間なんてありません。
今、与えられた宿題は、今!消化しなければやり直しの時間が取れるとは限らないということを、全く理解していない二人。
目の前のことにしか気が回らないところはそっくりです。


非常に迷惑・・・・orz


これからさらにチェックを厳しくしていかなければ回らないということが
よく分かりました。
そして主人の「やり過ぎ」にも目を光らせないといけない!ということが・・・▄█▀█●
弱点克服のための特訓は毎朝6時〜6時半の、他の宿題等には影響のない時間帯にやることになっていたはずなのに、いつの間にか昼も夜も空き時間を費やしまくって・・・・宿題が終わっていない状態に。


本当に目を離すと何をしでかすのか分からない二人です・・・▄█▀█●


ストレスは溜まる一方です・・・本当に放り出したくなりますorz
一見協力しているように見える主人の行動も、実はやり過ぎが多くて非常にペースを乱す原因になっています。
自分の担当の部分のことしか考えていないようです。
まったく・・・orz
どこまで行っても問題山積みのままです。








 
posted by とも at 11:40| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。