banner2.gif
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

高橋系吾 「その一言」

その一言で、励まされ  その一言で、夢を持ち
その一言で、腹が立ち  その一言で、がっかりし
その一言で、泣かされる

ほんのわずかな 一言が
不思議に大きな 力持つ
ほんのちょっとの一言で

2012年07月20日

国語の読解


読書量のおかげか、国語では比較的苦労の少ないむすこ。
それでもやはり時々どうしても出来ない問題・納得のいかない問題というのが出てきます

つい最近、先生から説明されてもどうしても納得のいかなかった問題があったそうです。

飼っていた猫が死んでしまう話だったそうで
猫が死んでしまった時の心情を選ぶ問題。
「死んでしまった猫のために笑顔で見送る」
というような選択肢が正解だったようですが、
これがまったく理解できなかったのだとか^^;

「死んじゃったんだから悲しいに決まってるやん!(*`ε´*)」

なるほど・・・。

要するに死んでしまった側も、死なれてしまった側も悲しい。
どうして嬉しくもないのに笑わないといけないのかが理解できない!と。
先生に質問もしたようですが、納得できなかったそうです。

なるほど^^;

こういうのは子供目線ではよくありそうなことですね。
大人はいろいろな思想的背景が身に付いているので疑問に思うことは少ないのかもしれません

ここでむすこがどうしても理解できない「笑顔で見送る」という点。
これは死んでしまった猫が、飼い主の子がいつまでも悲しんでいる姿をみると、心配になって猫までが悲しくなってしまう
という点と
死んでしまうと死後の世界(天国)へ昇っていきそこで再び生まれ変わるのを待つ。
でも心残りがあるとなかなか天国へ旅立つことが出来ず、生まれ変わることもできない
飼い主の子がいつまでも悲しんでいると、そのことが心残りとなってなかなか旅立てない

まぁ、仮定ですがこのような想像ができます。
(問題文にはそのようなことは一切触れていませんが^^;)


いろいろ質問してみると、
こういう考え方自体がむすこの中には存在していなかったのです。
そもそも「天国って何?」と言っていましたから^^;
死ぬ=終わり、と思っていたようで、死ぬことに「悲しい」などの負の感情意外のものがついてまわるのが理解できていなかったようす。
死んで消えてしまうのに、そんな不幸な状態でどうして笑えるの!?
という感じなのですね^^;
確かに、未来への希望というか天国・転生という未来への道筋がつながっている、
という意識が無いと笑顔で見送るにつなげることは難しいかもしれません


むすこは怖い話が大の苦手なので、
こういう部分の知識が極端に少ないのかもしれません^^;


このような考え方がある、ということを説明したら少し納得したようでした


こういう部分は学習だけではなかなか補えない部分なのかな〜という気がします
普段からの何気ない会話、いろいろな世代の方との接触、そういう日常的なものが影響するのだろうな、と改めて思いました。
基本は会話ですね。



常日頃から、お子さんとたくさん会話を交わしていますか?







 
posted by とも at 22:51| Comment(0) | 国語・作文・読解力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

文字制限のある記述問題に向けて

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ中学受験ブログが盛りだくさんです。
とても参考になりますよv(*’-^*)-☆⇒GO!




記述問題。
25文字で書きなさい、50文字で書きなさい、100文字で書きなさい。
それらに対応するための学習方法のお話が塾の国語の先生からありました。

まずはキーワードの抜き出し。
これだ!と思うキーワードを抜き出して欄外に書く。
そしてそれを“てにをは”でつないだり肉付けをしてみたりする。
そうして字数を合わせていく。
ただし、キーワードを探すのにもある程度の力が必要になります。


キーワードが探せないならば、この辺りに書かれているようだと思う箇所を抜き出します。
何行目、とかでもいいそうです。

それが難しければ、全体の文章のどの部分に書かれているのかを探す。
前半なのか、中盤なのか、後半なのか。
それだけでもいいそうです。

とにかく、この辺りに書かれているようだ、と思われるところを書く。
それによって徐々に探すことが出来るようになってくるのだそうです。
意識することが大事なのですね。


してはいけないことは、いきなりマスに書き始めること!だそうです。
そして、分からなかった問題は解答を写して覚えこむ。
それによって、記述の答え方や答えのパターンなどを感覚として身につけていくようになるのだそうです。
語彙を鍛えるのと同じような感じですね(^-^;

今のうちからこのような練習を積んでいくことによって、少しずつ記述の力を磨いていくのだそうです。
少々面倒ですが、やはり地道にがんばっていくしかないですね。





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ励みになります。クリックしていただいた方ありがとうございますひらめき

banner_04.gif
←よかったらクリックしてねひらめき
posted by とも at 08:20| Comment(0) | 国語・作文・読解力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

暗誦の宿題

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ中学受験ブログが盛りだくさんです。
とても参考になりますよv(*’-^*)-☆⇒GO!





むすこの学校の宿題に「方丈記」の暗誦が出ました。
GW中に覚えてこい、と。
宿題は冒頭だけですが、
ゆく河の流れは絶えずして (声にだすことばえほん)
という絵本を持ち出して読みふけったり
CDブック声に出して読みたい日本語【CD付】
をかけて聞いたりして、あっという間に覚えられました♪

なかなか役に立つものですね。

私は「徒然草」の冒頭が好きなのですが、それを聞いてむすこは電子辞書で「徒然草」を調べ、また冒頭が載っているのを発見して、読んでいました。

電子辞書、恐るべし。。。

暗誦は、日本語の語感を鍛えるためにとても有効で、かつ簡単な方法です。
国語が苦手、とか読書が嫌い、という子には、ぜひ短い文章で構いませんので、暗誦にトライしてみて下さい。
暗誦できる文章が増えてくると、おのずと文章への興味が湧いてきますよ。
空で言える文章がたくさん増えてくると、ちょっとかっこよくないですか?
子どもだってそうです♪
暗誦できたら褒めてあげると、効果抜群です。





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ励みになります。クリックしていただいた方ありがとうございますひらめき

banner_04.gif
←よかったらクリックしてねひらめき
posted by とも at 17:01| Comment(0) | 国語・作文・読解力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

読解問題の学習方法

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ中学受験ブログが盛りだくさんです。
とても参考になりますよv(*’-^*)-☆⇒GO!




塾で「学習方法説明会」というものに行ってきました。

むすこの塾の宿題は、いつも読解問題の大問が2つ出ます。
これが、結構難しくて、いつも苦戦していて親子ともども少しうんざりしていたのです。
それが無事に解決しそうです。

まず、宿題の読解問題は5年生で7割取れるレベルの問題なのだそうです。
というわけで、満点になるはずが無い宿題なのだそうです。
だから×がたくさん付きます。その×の復習の仕方が大切なのだとか。
これはぜひむすこにもはっきりと教えておかなければ。
×が多すぎて互いにうんざり、という感じでしたから・・・。
しかも難しいので1つの読解問題を解くだけで60分かかったりしてたのです。
その後にさらにやり直し・・・最悪です。


大切なのは

◆大問は必ず25分でやること◆

例え半分しか出来なくても、それ以上の時間をかけてはいけない、と。
25分というのは、試験時間から逆算した数字だそうです。
中学受験では読解問題の大問が2つ、その他語彙や漢字などの知識問題という構成で50分、という場合が多いそうです。
ですから、読解問題にはそれぞれ20分で取り組まなければならないですよね。
そのための時間間隔を養う意味が含まれているのだそうです。
まだ4年生ですから若干のゆとりをもたせて、25分。
それ以上は絶対にかけない。


そして、それぞれの設問ごとに間違いの修正の仕方があります。
それがこちら。

◆選択問題の間違い

正解の選択肢を音読する

再度設問を読む

どうしてそれが正解なのか考える

その時考えたことを自分なりに書かせる


◆抜き出し問題の間違い

正解の部分が本文のどこにあるかさがす

本文の答えの部分にマーカーで正しく線をひかせる

再度設問を読ませ、問いと答えの関係がわかるかどうか確認する


◆記述問題の間違い

正しい解答を覚えることによって、正しい解答の「型」に慣れることが重要!

模範解答にあることばが欠けている場合や似ていない場合は△にする

模範解答を写させる

音読させる

模範解答を覚えるくらいでいい

模範解答に使われていることばが本文のどこに出てくるか、どうしてそこを使ったのか考えさせる

設問を忘れる子もいるので設問を読み返させる


さて、上記の各種間違いの場合で、必ず「考えさせる」と出てきますが、この考えた内容を必ず宿題プリントに書かせるように指示されています。
それが記述の練習になるとともに、自分の思考を論理的に把握できるような訓練を積むことにもなるのだそうです。
書き方は「他の子に説明してあげるように書く」と良いそうです。


何を「考えさせて書かせる」のかというと、自分の解法・解く手順を記録します。
正誤よりも自分なりの答えの根拠があるかどうかということを意識させることが重要なのだそうです。
何となく、とか、そんな気がする、というのはダメ。
そういう状態では読解の力は伸びていかないのだそうです。

この自分の解法にいたる根拠や手順を書き記す訓練をするかしないかで、国語の伸びはかなり違ってくるのだそうです。


すごいですね〜。大変だ〜。


我が家では今まで、難しい読解問題は「問題を解く」「○付け」「やり直し」でも理解不十分だな〜、と感じる問題は、その後、問題文を何度か音読させる、という手を取ってきました。
これは、文章を覚えるのは語感を鍛えることになるのと、暗唱する文章は間違いの多かった問題文を利用すると良い、ということを知っていたので、「理解不十分な問題文は音読させる」という最終手段に訴えていたわけです。


このやり方は正解でした♪


読解問題の学習の最後には、

◆音読・黙読をおりまぜて文章をくり返し読む◆

ことが重要なのだそうです。
くり返し問題を解く必要はないのだそうです。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ励みになります。クリックしていただいた方ありがとうございますひらめき

banner_04.gif
←よかったらクリックしてねひらめき


posted by とも at 06:18| Comment(4) | 国語・作文・読解力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

反対だと思ってた!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ中学受験ブログが盛りだくさんです。
とても参考になりますよv(*’-^*)-☆⇒GO!




言葉の意味を逆に覚えていたということが、実は私は結構あります。
今、我が家でトイレに掲示している日めくりカレンダーは、私のお気に入りで、なかなかよい言葉が載っています。
今までにも何度か、
「え!逆の意味じゃないの!?」と驚かされたことがあります(^-^;。
私はあまり語彙の学習を熱心に取り組んだことがなかったので、覚えている語はほとんど読書から得たものです。
読書をしながら辞書を引く習慣はありませんでしたから、文脈から想像していたのだと思います。
だから正確さに欠けるものがあるんですね〜。
特にその点で今まで困ったこととか恥をかいたことは有りませんが、むすこの家庭学習に付き合っていたりすると、そのことが発覚して驚かされることがたまにあります。
クイズ番組で発覚することもあります(^-^;。
今回はこちら、「押っ取り刀」。

img519.jpg

「おっとりという意味で使うのは誤り」
と有りますが、まさに、そうだと思っていましたil||li _| ̄|○ il||li。
武士好きのむすこは、こういう言葉が大好きです。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ励みになります。クリックしていただいた方ありがとうございますひらめき

banner_04.gif
←よかったらクリックしてねひらめき


posted by とも at 07:25| Comment(0) | 国語・作文・読解力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。