banner2.gif
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

高橋系吾 「その一言」

その一言で、励まされ  その一言で、夢を持ち
その一言で、腹が立ち  その一言で、がっかりし
その一言で、泣かされる

ほんのわずかな 一言が
不思議に大きな 力持つ
ほんのちょっとの一言で

2017年12月19日

振り返って、やっていて良かったと思えること


4年も更新が無い中、いつもたくさんのアクセスありがとうございます


むすこも高校2年生になり
受験勉強に日々忙しく過ごしているところです


成長期もほぼ終えて巨大化したむすこを眺めつつ
あの時、これをやっていて本当に良かった
あの時、あれをやっていたらもう少し違っていたかな


と思うところがあります
限られた時間の中で、優先してきたこと、なくなく切り捨ててきたこと
いろいろとあります
今現在このブログを読んでいただいている方の
ちょっとした参考にでもなればと思い、書いてみることにしました




◆小さいころにやっていて良かったこと

『音楽』(むすこはピアノを習っていました)

むすこがピアノを習い始めたきっかけは、入園前に気晴らしに通っていたリトミックでした
何の苦も無く童謡を歌いあげる女の子。
それに比べてむすこは何やら調子っぱずれ。
ひょっとしてむすこは音痴なのだろうか・・・と思った瞬間です

学生の付き合いの中で、今では一般的になっているカラオケ。
このままでは支障をきたすのでは?と思い、せめてキチンと楽譜が読めて普通に正しい音で歌えるようになって欲しい、との思いからピアノを習い始めたのでした。
案の定、中学に入ってから、友人とカラオケに行く機会は増え、カラオケマシンで得点が出るたびに(シビアですね^^;)ちゃんと歌えるようになっていて良かったと本人も感じているようです。

私学は小さいころから楽器を習っている子が多いので男女の別なくお勧めです





『サッカー』(小4までやっていました)

中学受験時の体力にも有効でしたが、
高校生になって体育の授業でサッカーがありました
たとえ小4までとはいえ、やはりアドバンテージはあるようで
サッカー部に混じって活躍することが出来たようです
男の子にとってはこういう自信も大事ですね
幼少期・小学校時代に運動は何かしらやっておくことをお勧めします
体力のある子はモチベーションが高い印象を受けます




◆やっておけば良かったこと


『習字』

これは幼少期もやっておくべきことだとはわかっていましたが
むすこは字を書くことがキライだったので、
これ以上いやなことを増やしても仕方ないと泣く泣くあきらめたものでした
案の定、今もノートの字は汚いまま(〃´o`)=3
習字の時間も大嫌いなままです









 

 
posted by とも at 11:39| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。