banner2.gif
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

高橋系吾 「その一言」

その一言で、励まされ  その一言で、夢を持ち
その一言で、腹が立ち  その一言で、がっかりし
その一言で、泣かされる

ほんのわずかな 一言が
不思議に大きな 力持つ
ほんのちょっとの一言で

2013年01月29日

合格後のようす



連日ごきげんで、ときにニヤニヤ笑いながら
「やったなぁ〜わーい(嬉しい顔)
とつぶやいているむすこ。

このような顔が見られて本当に良かったです。

でも合格することが最終目標ではありません。
この先、学校の授業についていけるようにスタートを切ることも重要です。
むすこの進学先は、基本的に自由。
制服もなく、規則もさほどうるさくはありません。
宿題も多くはありません。
この学校の併願校としてよく選ばれているN校、S校などは、非常に宿題が多いことで有名です。
春休みにもがっつりと宿題が出ます。


3月半ば過ぎの説明会までの間に提出するよう言われた宿題は、読書のみ。
やはり自力学習は欠かせません。


まずは、最初のテストで悪い点数を取らないようにすることが大切だということは、今まで本人に何度も話して聞かせていることです。

遊ぶ時間を確保しつつ、数学と英語のみ少しずつ手を付けていくことにしました。

教材はこちら。

この問題集をむすこが自力で読み進みながらやっています。
練習問題が少ないため、こちらも活用しています。



英語に関しては、おそらく基礎の基礎はさ〜〜っと流されてしまうはずだろうと予測して、基礎中の基礎を中心に、単語や簡単なフレーズを覚える作業をしています。
もちろんCD付き。

CDを何度も聴きながら、書き取りをしながら、少しずつ進めています。


5年生までは英会話を習っていたむすこ。
しかし、そこではほとんど書き取りや文法を覚えることがなかったため
まずは単語のスペルを覚えて、書いていくことを中心にしています。
1年英語から離れると、ほぼ忘れていると思って間違いないようです。

最初は四苦八苦していましたが、1週間経った今、かなり慣れてきたように見えます。

むすこも、「やっておかないとまずいだろう」と思っているようで
自分でテキストを出してやり始めたりしている姿も、ちょこちょこ見られます。

学校は違いますが、近郊の私学へ進学した知人の話では
・英語が早くてとにかくついていくのが難しい
・数学は、受験のやり方とまったく違うため、慣れるのに苦労している
とのこと。
その子は英語に関してはかなり会話ができる子だったのですが、
やはりついていくのに必死なのだそうです。


当分の間は、英語と数学を少しずつやりながらの学習を続けていきます。
それとノートの活用が出来ないむすこのために、
ノートの使い方を具体的に教えています。
『あとで見直して役立つノート』が書けるように、というのが目標です。

とにかく詰め詰めで書いていくむすこ。
最初は、「こんなに空けたらもったいない〜」とか言っていましたが
余白の大切さ、というのも少しずつ理解し始めてきているようです。









 
posted by とも at 01:01| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。