banner2.gif
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

高橋系吾 「その一言」

その一言で、励まされ  その一言で、夢を持ち
その一言で、腹が立ち  その一言で、がっかりし
その一言で、泣かされる

ほんのわずかな 一言が
不思議に大きな 力持つ
ほんのちょっとの一言で

2013年01月27日

受験4日目(統一入試日3日)



本命校の受験日。そして受験最終日。
滑り止めの合格が決まっているので、この日が入試最終日となります。
もしもこの段階で合格が1校も決まっていなかった場合は、前日出願でこの翌日・翌々日に2校の受験を予定していました。


むすこは前日の第二志望校の受験の際、
算数が、塾でやったことのある問題だったにも関わらず解き方を思い出せず、悔しがっていました。
前日のことは忘れて、今日は本命校なので、
帰りには疲れて歩けなくなっていても構わないから
本気で気合を入れて集中してくるように言ってありました。

過去の漢検や模試などの経験上、むすこは比較的本番に強く、集中力さえ発揮すれば、実力ないし、実力以上の力が出せることがわかっていました。
とにかく、むすこにとっては集中力が大切。
今日は全力で、全ての力を出し切ってのぞんで欲しい、それだけです。

前日は普通に爆睡。
これは助かりました。
緊張でなかなか眠れない、ということが無かったので
体調面では問題なしでした。

塾のお友だちはやはりなかなか眠れず、目の下にクマを作っている子が居たそうです。



この日は前日の第二志望校の合格発表の日。
第二志望校は校内掲示のみなので、学校へいかなければいけません。
私はむすこの付き添い。
主人が休みを取って、合格発表を見に行くこととなりました。
そして、合格発表の確認をして
不合格なら滑り止め校へ入金。
合格ならば第二志望校へ入金をしなければなりません。

主人は合格発表を見に学校へ。
私はむすこを学校へ送り届けた後、いったん帰宅をして、滑り止め校の書類を受け取らなければなりません。
書類の中に入金用の振込用紙が含まれているためです。

さいわい書類は帰宅後すぐに受け取ることができ、昼過ぎには再びむすこが試験を受けている学校へ向かうことができました。
郵便の受け取りが、迎えの時間に間に合わなかった場合は、夕方に入金ではなく学校へ直接入学金を納めに行く予定でした。
最寄駅で待機しながら主人からの合否通知を待ちます。


結果は不合格。


算数の失敗が響いたのでしょうたらーっ(汗)

私は滑り止め校への振り込みをしに銀行へ向かいました。
合格発表は14時だったため、銀行で入金手続をしたのが14時過ぎ。

ここで問題発生。
入金の締め切りは本日。
銀行窓口では14時を過ぎると、翌日扱いになるのだそうです。
知りませんでした^^;
と、入学金の振込ということで窓口の方が特別に学校の方へ電話をしてくださり、そのまま入金してもOKだということになりました。
一安心です。
まぁ、銀行がダメなら学校へ直接持参するだけだったのですが、銀行の方がわざわざ電話をして下さったので、そのまま銀行振込としました。



むすこを迎えに行くと、さっそく前日の結果はどうだったか、と聞かれました。
残念だったことを伝えると、少々オカンムリ^^;
まぁ、敗因ははっきりしているので仕方ありませんね。

試験内容に関しては、「手ごたえはあった!」とのこと。
鵜呑みには出来ませんが、算数でVTグラフが出て、それが塾の先生が直前に説明してくれた問題だったらしく、解くことが出来た!と喜んでいました。







 
posted by とも at 20:44| Comment(0) | 入試 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。