banner2.gif
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

高橋系吾 「その一言」

その一言で、励まされ  その一言で、夢を持ち
その一言で、腹が立ち  その一言で、がっかりし
その一言で、泣かされる

ほんのわずかな 一言が
不思議に大きな 力持つ
ほんのちょっとの一言で

2012年09月06日

失敗の夏


天王山の夏休みが終了しました。
8月の間、ほとんど1日中塾に缶詰め状態。
塾からは、夏休みの自習時間を通して、自分で予定を立てて宿題をこなしていく力を身に付けさせる、と言われていました。
1ヶ月経って今の状況から考えると・・・この夏は『失敗』だったとはっきりと言えます。


一番大きな敗因は、塾が長時間の自習時間の間に身に付けさせると言っていた「自分で予定を立てて宿題をこなしていく力を身に付けさせる」という点。
むすこは全く進歩していませんでした。
むしろ後退してしまったようです。
うまく自習時間を活用できなかったために、結果、夏の間ずるずるずるずると成績は下がる一方。
大量の課題に振り回され、踊らされ、ロクに消化できずに終わった、という感じです。
長時間拘束されていたにも関わらず、完全に失敗でした。


そこで思い切って塾での自習時間を取ることをやめることにしました。
低学年の時と同じように、私がきっちりと宿題・課題のペースを管理することにしました。

どうやら塾を過大評価し過ぎていたようです。
やはり塾は、課題を与えられる、質問を受けられる、定期テスト等で現在地を把握できる、この3点以上のメリットは無いようです。

一通りのカリキュラムは全て終わっています。
むすこの志望校とは関係のない余計な学校の問題をやる時間はもうありません。
そろそろ塾をやめて個別に移ることも視野に入れつつ、今月は、失敗だった夏の立て直しを中心にやっていきます。
1ヶ月の立て直し後、むすこの状況を見ながらその先はどうするのかを決めていくつもりです。






 





 
posted by とも at 09:16| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。