banner2.gif
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

高橋系吾 「その一言」

その一言で、励まされ  その一言で、夢を持ち
その一言で、腹が立ち  その一言で、がっかりし
その一言で、泣かされる

ほんのわずかな 一言が
不思議に大きな 力持つ
ほんのちょっとの一言で

2012年07月30日

問題山盛り


小学校高学年にもなると、
子ども達はあの手この手でごまかす『ずるさ』を身に付ける歳ごろです。
発達の段階だと分かっていても、これほどやっかいなものはありません。

◆通常授業(国算理社)
◆夏期講習(国算理社)
◆志望校別特訓(国算理社)
それぞれに復習テスト・強化テストなど複数テストが実施され
自習時間にも2種類のテストが行われます。

そのすべてに対してテストについては「テスト直し」が、授業については「宿題」が発生します。
授業の時間内に自習時間が設定されていて、その時間に宿題を終わらせる教科もあります。
これら全ての宿題のチェック・宿題のやり直しのチェック・テストの間違え直しのチェック等をしなければいけません。
全教科分。

これが一筋縄ではいきません。
なんとか「終わったことにしたい」むすこ。
「○○と○○はやったの?」
「やったやった」
この調子の良い返事が曲者。当日になって
「やってない宿題があった!!!」
とバタバタすること数日。ダメだこれは・・・▄█▀█●

「○○と○○はやったの?」
「やったやった」
「見せて!」
「・・・」
その後、探しているふりをしながらスルーすること数回。
「見せてって言ったものを出しなさい」
案の定、終わっていません。
宿題のやり直しをしなさい、と言えば、間違えたところのみのやり直しで済まそうとする
等々細かく上げればきりがありません。
敢えて見せないということは、確信犯です。


しかも、特訓と称して主人とやっている算数の課題。
宿題が最優先だと何度も言っているにもかかわらず、宿題が終わっていないのに限られた時間をひたすら主人との特訓に費やしていたことが判明。
その週の宿題はもちろん不十分。

もう夏です。今不十分だった単元を「後でやり直す」時間なんてありません。
今、与えられた宿題は、今!消化しなければやり直しの時間が取れるとは限らないということを、全く理解していない二人。
目の前のことにしか気が回らないところはそっくりです。


非常に迷惑・・・・orz


これからさらにチェックを厳しくしていかなければ回らないということが
よく分かりました。
そして主人の「やり過ぎ」にも目を光らせないといけない!ということが・・・▄█▀█●
弱点克服のための特訓は毎朝6時〜6時半の、他の宿題等には影響のない時間帯にやることになっていたはずなのに、いつの間にか昼も夜も空き時間を費やしまくって・・・・宿題が終わっていない状態に。


本当に目を離すと何をしでかすのか分からない二人です・・・▄█▀█●


ストレスは溜まる一方です・・・本当に放り出したくなりますorz
一見協力しているように見える主人の行動も、実はやり過ぎが多くて非常にペースを乱す原因になっています。
自分の担当の部分のことしか考えていないようです。
まったく・・・orz
どこまで行っても問題山積みのままです。








 
posted by とも at 11:40| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。