banner2.gif
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

高橋系吾 「その一言」

その一言で、励まされ  その一言で、夢を持ち
その一言で、腹が立ち  その一言で、がっかりし
その一言で、泣かされる

ほんのわずかな 一言が
不思議に大きな 力持つ
ほんのちょっとの一言で

2013年08月22日

過保護・過干渉


今日は中学校のはなし

去年の塾塾勉強勉強宿題宿題の日々とは打って変わり
毎日部活のお弁当を作り、送迎やら部活の付き添い当番やら
何かと忙しい夏休みを過ごしています

夏休みといっても
部活、文化祭の練習・準備、補習授業などなど
お盆ウィーク以外は、まったくと言っていいほど「お休み」ではありません
むすこ曰く「夏休み」ではなく「夏季シーズン」なのだそうです^^;
休みじゃないのですね
部活動は入った部にもよるのでしょうが、運動部はおおむねどこの部も忙しそうです



最近の部活動には部の保護者会なるものもあります
私立だけの特殊事情!?と思いきや
地元の公立中学でもあるとのこと。
自分の中学時代にはそんなものなかったと思うのですが・・・

いろいろと駆り出される度に強く思うのが
みなさま、非常に「過保護」「過干渉」である、ということ。
1年生だから特になのかな



私も決して放任主義ではありません。
自立を促すためにも放任でありたい、とは思っていますが、
黙って見守る、ということがなかなか難しく、ついつい口出しをしてしまいます
「今やらなければ後々もっと大変になる!」と思ってしまうと
転ばぬ先の杖をついつい出してしまうのですね



その私から見ても、周囲の保護者の方々の過保護度合はなかなかのものです
やはり中学受験に向けて二人三脚で応援・叱咤激励etc. 
日々かかわりあって共に乗り越えてきただけあって
親子の密着度合いは、どのお宅でも高いようです


中学生になったのですから、
少しずつ自己管理も自分で出来るようになってほしいですよね
ところが現実は部活動に関しても
かなりディープに入り込んで、あれやこれやと世話をやく
先輩方は今年は差し入れも多く、送迎もしてもらったりして楽チン♪
と思っているようですが
個人的には、こんなに手厚く世話をやくのは逆効果なのではないだろうか・・・
と感じています

集団生活なので郷に入っては郷に従え、
ということで積極的にお手伝いはさせてもらっているつもりですが
杞憂かもしれませんが少しばかり先行きが不安になってしまいます


もちろん中学生になってから、急にいろいろな面で成長を遂げているな〜と思うことも多々あります


年によって保護者のかかわり度合いにも違いがあるようですが
どうやら自分たちの学年は過干渉傾向が強いようです


引きずられないように一歩離れた場所から見ていけるように
気を付けなければいけないな〜と個人的には思っています
むすこは過干渉を必要とするような子ではないので^^;


中学生になったら
親の手を煩わせることも少なくなり、楽になる♪
と思っていたのですが
最近の学校事情はそうもいかないようですね^^;









 
posted by とも at 10:15| Comment(0) | 中学編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。