banner2.gif
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

高橋系吾 「その一言」

その一言で、励まされ  その一言で、夢を持ち
その一言で、腹が立ち  その一言で、がっかりし
その一言で、泣かされる

ほんのわずかな 一言が
不思議に大きな 力持つ
ほんのちょっとの一言で

2013年02月28日

入試直前に役に立ったことA 家での補習



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ中学受験ブログが盛りだくさんです。
とても参考になりますよv(*’-^*)-☆⇒GO!






塾での補習とは別に、むすこがどうしても分からないという理科の単元がありました

◆先生に質問をしても分からない
◆先生に聞くと「そんなことも分からないのか」と怒られる

おそらくこれは基礎中の基礎でつまづいているはず

そこを入念に聞き取り、難しい問題からどんどんさかのぼって、どの問題なら出来るのかをチェックしてみました。


例えば、モーターのしくみ

つまづきポイントとしては良く知られたことなのですが・・・

S極N極の反発を利用して回転するのはわかる。
けれども半周した時点でなぜ回転が止まらないのかが理解できない

これは、整流子には切れ込みが入っていて、モーターが水平になった時には電流が流れなくなる瞬間がある、ということが理解できていないせいなのですね。
回転が止まるはずの箇所では電流が流れないようになっているため、慣性でそのまま回転します。すると、次の磁力に引かれて一気に回転するわけです。

詳しくはこちらを参照してください。子供には難しい説明ですが、丁寧に書かれているので大人には理解しやすいです。
『モーターのしくみ』(←クリック)



そして、塾の先生にも、家で理科を教えていた主人にも、あまりにも基本的な事過ぎて、この点が理解できていないことがわからなかった。
むすこも何度か質問をしたものの、「そんなこともわからないのか」という態度を取られたため、それ以上突っ込んで聞くことが出来なくなってしまった、ということです。
(むすこは質問マニアなので、聞けなくなる、というのは余程のことなのだと思います)
出来る人には、出来ない人の出来ないポイントが理解できない、という典型ですね

そこで、上記のHPを参考にしながら、もっと見やすいモーターの図をさがし、プリントアウトをして、私がむすこに説明することにしました。
表情をよく見ながら理解しているかを確認しつつ、何度も繰り返して説明しました。
そして、モーターを習ってから誰もが一番最初にやる問題を、何度も繰り返してやらせました。

ここでつまづくと、電流の流れに関しての不信感が残るのか、電流全体がなんとなくわけがわからなくなってしまうのですね^^;
次には電流の流れに関する超基礎問題を繰り返しやらせました。
たったこれだけのことで、電流に関しての弱点克服は終了でした。




これと同じ現象だったのが滑車。
滑車に関しては、塾のテキスト等からも、適当な問題が見つからなかったため
小学事典 高学年理科の中の滑車に関する問題を繰り返しやりました。


理科の家での補習はこの2ヶ所でした


この2ヶ所の基礎をやり直したおかげか、公開テストでの理科の偏差値も上がりました。
基礎がわからない、ということは子どもにとってもプレッシャーなのでしょうね
あまりに基礎的な内容で聞くに聞けない
基礎的過ぎて塾の演習問題でも補えない

けれどもこの基礎さえおさえてしまえば、残りの応用問題まで手をかけて補習する必要はないのです。
日々の授業の中で説明されていることがすでに頭の中にあるので、それがつながるのでしょうね




余談ですが、ここでもよく紹介している理科辞典ですが、ここに来て使用感の違いが出てきました。
小学事典 高学年理科
三訂版 スーパー理科事典
この2冊。
入試直前に活躍したのは小学事典 高学年理科でした。
理由は、三訂版 スーパー理科事典はカラー写真付きでとても見やすいのですが、高校生レベルまでの内容が入っているため、小学生では使わない用語を利用して説明されているため。
例えば、「電流」「電圧」という言葉を塾では教えません。
水の流れで説明したり、説明の仕方はいろいろでしょうが、この電流と電圧と言う言葉を使って説明されている三訂版 スーパー理科事典では、むすこは理解できませんでした^^;
その点、小学事典 高学年理科は小学辞典ですから、難しい用語無しに説明されているようで、むすこにとっては理解しやすかったのだそうです。




 




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ励みになります。クリックしていただいた方ありがとうございますひらめき

banner_04.gif
←よかったらクリックしてねひらめき






 
posted by とも at 11:49| Comment(0) | 入試直前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

入試直前に役に立ったこと@ 塾での補習


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ中学受験ブログが盛りだくさんです。
とても参考になりますよv(*’-^*)-☆⇒GO!





入試直前に役立ったことを、数回に分けてアップしておきたいと思います。
今までと重複する内容もありますが、ご容赦下さい<(_ _)>
探しやすいように、『入試直前』というカテゴリにまとめておきます。




 入試まで残り3ヶ月・・・2ヶ月・・・と、本番が近付くにつれて、学習不十分な分野・弱点などがいろいろと表面化してきます。
これは、塾での学習が総括的なものになってくるため、普段は見えなかった不得意分野が表出してくるせいです。

むすこも例にもれず、1単元全滅、全て×
というオソロシイ状況が多々見られるようになってきました。


11月末くらいからでしょうか・・・塾での補習授業を個別に受けることになりました。
6年生になってから最上位のクラスとその下のクラスの往復を2度繰り返したむすこ。
そのため、2つのクラスでの授業進度・カリキュラムの関係上、授業が抜けてしまった単元もあったので、それを補う意味も込めての補習だったのだと思います。

 一度、志望校別コースを下げてはどうかと担当の先生から言われた時に、

◆志望校の変更はない
◆コース変更されるならば、個別指導の塾へ移動する

という2点を伝えておきました。

コースに関しては、強制的にコース落ちをするというシステムはなかったのです。
昨年だったでしょうか・・・塾の講師たちが「100%ムリ」と判断するも、最後の最後まで志望校を変えず、塾側は「記念受験」のつもりで送り出した子がいたそうです。
その子は、塾のコースは低かったものの、第一志望だった最難関校、およびその併願校とされる難関校、全ての試験で合格を勝ち取りました。
それ以降、点数による志望校のクラス落ちのシステムは無くなりました。
本人と親側の要望があれば、そのコースに在籍が可能となる、という形ですね


志望校に関しては、低学年の頃から決めていた学校ですし、私学ならどこでもよいというスタンスで受験を始めたわけではないので、最後までつらぬきとおすつもりでした。

小学生ですから、入試前日まで伸びるのです
本番当日にはどう転ぶか分かりません
あきらめなければ絶対に勝ち取れるはずです

勝負は残り2ヶ月





実際の補習の内容は、算数の不得意分野の演習と質問受けでした。
補習なので基礎が中心です。帰宅後は与えられた問題を繰り返ししつこく解かせました。
ここをやらずして、どこをやる、という感じですね
「まだやるの〜?」というむすこの苦情に対しては、

◆出来るところをやっても仕方ない
◆出来ないから補習を受けている
◆ここが出来れば点数が上がるのは間違いない

ということを何度も説明して、最優先で消化するようにしました。
とはいえ、通常授業もありますので、補習を受けてきて帰宅したその日のうちに、です。

講師側が用意した分を全て消化したのちは、講師の側からむすこにどの分野がわからないか、という質問があったようで、むすこの申告により演習分野が決まっていくという形だったようです。

結果はすぐに出ました。
次の公開テストで算数の偏差値が一気に上昇。
まぁ、出来ない分野が出来るようになったのですから当然と言えば当然?


算数の補習がおおむね終了したのちに、今度は理科の補習を受けることになりました。


後からむすこに聞いたことですが、最上位クラスの理科の授業があまりにも難しく、授業内容が全く理解できなかったのだそうです。
クラス移動直後はむすこの質問にも授業内で答えてくれていた先生も、次第にむすこの質問へは答えてくれなくなっていったそうです。
まぁ、仕方ありませんね。授業妨害になってしまいますから^^;
なので、出来ない分野ははっきりとしていました。











にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ励みになります。クリックしていただいた方ありがとうございますひらめき

banner_04.gif
←よかったらクリックしてねひらめき

posted by とも at 12:02| Comment(0) | 入試直前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。